キャバ嬢と言えば、一番最初にみなさんがイメージされるのは「美人で女性らしさを感じる、華やかで素敵」そういった雰囲気ではないでしょうか。このお仕事を続けていくにはは何と言っても素敵な女性でいること、そしてお客様から多くの指名をいただくために努力し続ける事ができるのかが最大のポイントです。では、実際にキャバ嬢はどういったテクニックを使って男性の心を射抜いているのでしょうか。今回はよく利用されるテクニックを幾つかご紹介いたします。


これぞキャバ嬢テクニック

キャバ嬢のユカリ

「ねね!聞いて聞いて!初めて会社経営者のお客様ゲットしたの!これで今月の売り上げのノルマ、なんとかなりそうだよ〜」

キャバ嬢友達のリナ

「そりゃあよかったじゃん!しかも社長さんクラスならプレゼントとかおねだりしたら貰えるかもね!(笑)」

ユカリ

「どうやっておねだりしたらイイのかな?直球に言うのはちょっと出来ないんだよね。」

リナ

「そしたら、例えば『最近お気に入りのネックレスが壊れちゃってさぁ首もと寂しいんだよねぇ…。』って言ってあえてネックレス付けないでいるとかさ。」

ユカリ

「でも、自分で買えるような安いの貰っちゃったら意味ないよ(泣)」

リナ

「そうならないように、金属アレルギーってのを伝えとけばプラチナ・金・銀の高額な物にして貰えるはず!」

ユカリ

「それナイスアイディア!」

リナ

「そしたら早速、実践するのにお誘いのメール入れないとね!」

ユカリ

「とりあえずお店来て欲しいってメールすればいい?」

リナ

「来て欲しいって言うのもいいけど、『会いたい』って言われた方が嬉しいと思うよ!因みに午前中に送るのは仕事が忙しいと思うし基本NGね。送るなら15時〜18時の間に送るといい思うよ!ちょうどこれからどうしようかなって考えてる時でもあるしね。」

ユカリ

「なるほど~!じゃあ夕方にメールしてみる♪」


これ以外にも、いろいろなテクニックがあります。

  • 目があったら数秒程相手を見つめ、そしてニコリとほほえむ

    どことなく気まずいような雰囲気の時に優しく微笑まれると、ドキッとする男性の方は多いものです。延長交渉の際にも無言で促すことのできるこの技は応用がききます。

  • 顔を覗き込んで話す

これに弱い男性は多いのではないでしょうか。お互いの距離感がとても近くなり、自分に好意があると錯覚する方も少なくありません。

  • 上目遣いで話す

これはおねだりする時、気を遣って話すとき、どんな時でも有効的です。ちょっと甘えた声で気を遣われたりすれば、たいていの男性は気持ちが癒されたりするのではないでしょうか。

内面磨きも大切に

他にも多くのテクニックがあるのですが、代表的なものを挙げてみました。男性は女性の話し方、声のトーン、仕草や動き、そして「顔よりも」空気感をよく感じています。こういったテクニックを駆使しすることも大切ですが、同時に自分の内面もしっかりと磨いて、男性が心惹かれる本当の女性らしさ(優しさや心の温かさ)、ぜひ身につけたいものですね。

  • 1