今や若い女の子たちから一定以上の支持を得ている大人気の職業の一つ、キャバクラですが、憧れのキャバ嬢として働くには一体どういうことをすればいいのでしょうか。 今回の記事では、キャバ嬢になるためにどういったことをすればいいのか、またどういった仕事内容になるのかなどを簡単にご紹介したいと思います。



ますは求人に応募しよう

まず、キャバクラで働くためには求人に応募する必要があります。キャバクラ求人自体はネットで検索すればすぐに見つかりますので、自分の気に入ったお店がみつかるまで探してみるのがいいと思います。



キャバクラでの仕事はこんな感じ

肝心の仕事内容については、イメージしているものとリアルの内容がちょっと違うことが多いという声があります。基本的にはお客様に楽しくお酒を飲んでいただくことがお仕事の内容になるのですが、自分からしっかりと営業をかけたり、時には苦手な方の相手をする必要も出てくるでしょう。さて、最初は指名のお客様がいないので、指名のないフリーの方をつけていただくことになります。その際の接客時間は20分程度で、実際にすることと言えばお酒をつくること、お話しをすること、次のテーブルへ移動すること、このぐらいでしょうか。他にも細かいところで、灰皿の交換やフードの注文、お酒の注文など細かい雑用業務もあります。華々しいイメージの裏側には、こういったキャスト達の努力があるのです。